最新情報・お知らせ

「平和のひろば 2022 Peace Message for you」開催

2022/07/23
7月23日(土)、オルガホールにて「平和のひろば 2022 Peace Message for you」を開催し、84名の参加がありました。
最初に、岡山県原爆被爆者会を代表して、廣信靖之(ひろのぶ やすゆき)会長より、「若い世代へ原爆の恐ろしさを伝えるとともに、核兵器のない平和な世の中に向けて今後も活動を続けていきたい」とあいさつがありました。



 続いて、山陽学園中学校・高等学校JRC部勇 乃衣(いさみ のい)さんによる「氷点下20度シベリア抑留の体験」の語り部、8名の皆さんによる「フジ子ちゃんと原爆~ひとりの卒業生も出せなかった学校で~」の紙芝居が披露されました。JRC部の皆さんは、戦争体験を語り継ぐ伝承活動や、被災地支援など、学びと、様々なボランティア活動に取り組まれています。今回披露された紙芝居は、実体験をもとに作成されており、高校生たちの発表に真剣に耳を傾ける参加者の姿が見られました。




 
その後、沢知恵(さわ ともえ)さんによるピースコンサートが開催されました。沢さんは、自治体やNPOをはじめ、ハンセン病療養所、災害被災地などで平和の願いを込めたコンサート活動に多数実績のある歌手です。平和のメッセージのこもった沢さんの力強い歌声が会場に響き、参加者からは大きい拍手が寄せられました。




 
最後に、司会の岡城祐子(おかしろ ひろこ)理事から、「皆さん一人ひとりが感じたこと、思ったことなど、心のままに動いてみてください。きっとその一つひとつが、“平和な未来を子ども達に手渡したい”という想いの実現につながっていくと思うのです」と挨拶がありました。
 
コンサートを通して、多くの参加者が音楽の楽しさを感じ、平和の大切さを考えることができました。

動画はこちらから視聴できます


 コンサート後に開催されたサイン会
 
参加者の声
・悲惨な戦争を語り継ぐうえで、語り部の方々の活動を大切に続けてください。
・被爆者の方の想いを語り継ぐ活動は大切なことだと思います。核兵器のない世界の実現のためにも続けていってほしいです。平和への一歩、署名に参加させていただきました。
・沢さんの歌声、ピアノ、心があらわれます。音楽の力をとても感じる時間でした。
・詞や歌を通して、戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えることができるのだと実感しました。
 
 
生協のご案内と加入について
宅配申し込み
eふれんず eふれんず
宅配チラシ
新聞折込チラシ
イベント情報